考え方


ものの見方を変えると、いろいろな発想がわいてくる。
4キロメートルの砂浜を頭の中で「美術館」にすることで、
新しい創造力がわいてくる。

時代を少し動かせるのは、一人一人の小さな感性の集まり。


「美しい松原」が作品です。
沖に見える「くじら」が作品です。
卵を産みにくる「海亀」が作品です。
砂浜をはだしで走り、貝殻を探す「子どもたち」が作品です。
流れ着く「漂流物」が作品です。
波と風が砂浜にデザインする「模様」が作品です。
砂浜に残った「小鳥の足あと」が作品です。

作品は24時間・365日展示され、時の流れるままに変化します。
BGMは波の音、夜の照明は月の光・・・


私たちは考え、行動し、
「今、地球にとって大切なことを伝えていく作品」を作り、
「砂浜美術館」から世界中に発信していこうと思います。

日々、私たちは新しい作品を創造していきたい。
創造し、発信していくためには新しい考え方・感性が必要です。
そのために、いろんな人の新しい感性にも出会いながら、私たち自身が私たちの考え方と感性で作品を作っていかなければならないのです。


私たちの誇れるものは何なのか、
もう一度、
考えてみよう。

「砂浜美術館」
この五つの文字は、
「考え方」のキーワード。

館長メッセージ

館長メッセージ

砂浜美術館をはじめて訪れる方へ。

砂浜美術館の作品

砂浜美術館の作品

多様な砂浜美術館の作品をご紹介します。

砂浜美術館の教室

砂浜美術館の教室

ご要望にあわせて、砂浜美術館の考え方や取り組みを詳しくご説明します。