【職員募集】すなび映像部 スタッフ募集!

【職員募集】すなび映像部 スタッフ募集!
【職員募集】すなび映像部 スタッフ募集!

『私たちの町には美術館がありません。美しい砂浜が美術館です。』
「美術館」と想像することで、ありのままの風景を「作品」にする。
それが、砂浜美術館・愛称「すなび」の考え方です。

カメラを通して、今、目の前にある風景やデキゴトを映像に。
砂浜美術館の目で見たら、町中には作品がいっぱいあるはずです。そこにあなたの好奇心や伝えたいことをのせた、「すなび」×「あなた」の映像作品を、仲間とともに楽しみながら創っていくスタッフを募集しています。

現在、主に行っている業務は、黒潮町が運営するケーブルテレビ局(IWKTV)の自主番組制作のお仕事です。

「TVは分かるけど、IWKって何の略?」これだけでピンときた方はすごい!
IWKは「It’s Wonderful Kuroshio town (TV) 」の略。
黒潮町の行政情報と、町内の様々なデキゴト・人・風景などなどを伝える番組です。

「映像の仕事をしたことはないから、無理かも」と思われる方。心配ありません。砂浜美術館に、そして黒潮町に興味・関心のある方ならOK。その好奇心で、地域のいろいろな伝えたいことを見つけ出してください。小さな映像部なので、企画・撮影・取材・インタービュー・ナレーション・編集などなんでもやりますが、今回は、主に番組のナレーションとレポーターを担当してくれるスタッフを募集しています。経験者の方も、これからの方も、興味を持っていただけたら、ぜひご連絡ください。

私たち砂浜美術館の舞台は、ローカル。個性の宝庫であるローカルに、グローバルの源はあります。町のケーブルテレビから、グローバルに発信する「すなび映像」。一緒にこの挑戦を楽しみませんか。


NPO砂浜美術館職員採用選考試験案内

1.勤務場所・職種・採用予定人員

勤務場所(採用当初) NPO砂浜美術館(黒潮町入野5485)
採用予定人員 1名(期間雇用)
職種・内容 黒潮町ケーブルテレビの番組ナレーション、レポーター 撮影助手等

2.採用予定日・雇用期間

契約日から令和5年3月31日 ※継続雇用の可能性あり

3.応募資格

次のいずれにも該当する者を対象にします。
 ①砂浜美術館の活動、考え方に深く共感をもっている方
 ②普通運転免許を有する者、又は取得予定者
 ③パソコン(ワード、エクセル)操作ができる方

4.試験の日時及び場所等

第1次試験 書類選考(随時)

試験日等 書類選考(採用試験申込時に提出のあった書類により実施)
合格発表 受験者全員に電話で試験結果を通知します。

第2次試験

場所 黒潮町内
合格発表 受験者全員に文書で試験結果を通知します。

5.試験の種目及び内容等

第1次試験

試験の種目 書類選考
内容 提出のあった書類により実施します。

第2次試験

試験の種目 面接試験
内容 職務内容に対する専門性、熱意等について試験を実施します。

6.雇用契約

採用後3ヶ月間は試用期間とします。試用期間が満了し、砂浜美術館の職員として適正な者を本採用とします。

7.勤務条件

①給与 初任基本給は150,100円~177,600円
(雇用保険・社会保険あり[年齢・職歴に応じて])
※この他、賞与、通勤手当が支給される
②勤務時間、
休日、休暇等
土日・祝祭日分の休日
(土日・祝祭日勤務あり。1ヶ月単位で勤務シフトを組み仕事をします)
勤務時間 8:30~17:00
※ただし夏季期間(5~9月は8:30~17:30)

8.応募方法

(1)提出書類
 ①履歴書

(2)申込方法(随時)
 ①持参する場合
  砂浜美術館事務局(道の駅ビオスおおがた情報館)まで持参の上、提出して
  ください。
 ②郵送する場合
  関係書類を同封の上、NPO砂浜美術館宛に簡易書留で郵送してください。

9.その他

不明な点は、NPO砂浜美術館事務局までお問い合わせください。
(TEL 0880-43-4915 担当:村上)

第28回 潮風のキルト展 開催日程のご案内

第28回 潮風のキルト展 開催日程のご案内
第28回 潮風のキルト展 開催日程のご案内

第28回 潮風のキルト展 開催日程のご案内

開催日程

2022年11月18日(金)~20日(日)

第28回潮風のキルト展は2022年11月18日(金)~11月20日(日)に開催を予定しております。
なお新型コロナウィルスの感染状況によって、開催日程が変更される可能性があります。
詳細については、決定次第ホームページ等でご案内させて頂きます。

感染対策をしっかりと行なったうえで、みなさんと一緒に第28回潮風のキルト展を創りたいと思っていますので、ご理解・ご協力をどうぞよろしくお願いします。

なお、作品応募期間は2022年9月1日(木)~10月10日(月)となります。
たくさんのご応募お待ちしております。詳しくは、『第28回潮風のキルト展作品募集ページ』をご覧下さい。

お問合せ先
NPO砂浜美術館事務局
〒789-1911高知県幡多郡黒潮町浮鞭3573-5
TEL:0880-43-4915 / MAIL:nitari@sunabi.com

第28回潮風のキルト展 作品募集!

第28回潮風のキルト展 作品募集!

人と自然のつきあいかた

第28回潮風のキルト展 作品募集!

応募期間 :2022年9月1日(木)~10月10日(月)

応募料 :大キルトの部 3,000円、小キルトの部 2,000円、クッションの部 2,000円

Patch-Work-Lifeさん

審査員 :Patch-Work-Lifeさん

【プロフィール】
手芸男子ユニット「patch-work」の二人を中心に集まりました。インテリアデザイナーの目線で創りだす、あたらしい「デザイン×パッチワーク」のカタチを発信しています。


テーマは布を楽しむ!~作品の応募方法について~

28回目となる潮風のキルト展。審査員は今年も「Patch-Work-Life」のみなさん。今回も小キルトの部、大キルトの部、クッションの部の3部門を募集します。

秋の風物詩でもある【らっきょうの花見】とともに、新たな風景を創りながら歩み続けるキルト展。美しい松原と木漏れ日を浴びて潮風にゆれる作品たち。今年も素敵な風景に出会えますように。

布を、“潮風のキルト展”を、一緒に楽しみましょう!

1.応募規定

オリジナルのパッチワークキルト・クッションを募集します。テーマは『布を楽しむ』。小さな布の組み合わせを楽しんだり、モダンなパターンに挑戦したり、大胆に布で描いたり…おもいっきり、布を楽しんでみてください。身近にある古着など再利用布も、ぜひ活用してくださいね!

キルト

■小キルトの部:縦50cm×横50cmの正方形

■大キルトの部:縦横ともに100㎝以上×200㎝以内の四角形(縦横比は問いません)

・作品の裏面右下に「題名・氏名」を書いた布を縫いつけてください。★

・展示の際、ロープや竹竿を通す展示用の帯を、裏面上部に縫いつけてください。

・作品にこめた思い、伝えたいことを200字以内にまとめたメッセージを同封してください。


クッション

■クッションの部:縦横50cm以内の形は自由

・必ず中身を入れてご応募ください。そのまま展示します。

・作品の裏面中央に「題名・氏名」を書いた布を縫いつけてください。★

・展示の際、安全ピンで紐をつけ固定します。

・作品にこめた思い、伝えたいことを200字以内にまとめて同封してください。

【お願い】屋外展示及び畳んでの保管なので、はずれやすい素材は避け、しっかりと縫いつけてください。
※応募作品および文章の著作権(使用権)は主催者に帰属します。他のコンクールでの受賞作品は応募不可。

2.応募方法

郵送にてご応募ください

応募用紙をダウンロード、必要事項を記入し、作品と一緒に下記の送り先に郵送、同時に郵便振替で応募料も振り込んでください。お1人様何点でもご応募できます。

応募期間
2022年9月1日(木)~10月10日(月)
直接搬入は9:00~17:00

応募料
大キルトの部:1点につき3,000円
小キルトの部:1点につき2,000円
クッションの部:1点につき2,000円

お問合せ先
NPO砂浜美術館事務局
〒789-1911高知県幡多郡黒潮町浮鞭3573-5
TEL:0880-43-4915 / MAIL:nitari@sunabi.com

お振込み先
郵便振替
口座番号:01680-4-44588
口座名義:特定非営利活動法人 NPO砂浜美術館

銀行振込
ゆうちょ銀行(銀行コード9900) 一六九店(支店番号169)
当座:0044588
口座名義:特定非営利活動法人 NPO砂浜美術館 トクヒ)エヌピーオースナハマビジュツカン

3.木漏れ日にゆらゆら 

3.木漏れ日にゆらゆら 

大小さまざま、個性豊かなキルトたちと、赤紫色のらっきょうの花畑がつくる穏やかな風景は、秋の砂浜美術館の代表作品です。

賞もあります!
●応募されたすべての作品は松原の中にロープを張って展示されます。
●作品は、夜間は室内に保管し、天候により展示を中止、または会場を変更することがあります。
●開催中は、300円の協力金をお願いします(中学生以上)。協力金の一部は入野松原の保全に活用します。
●応募資格は一切問いません。
●このコンテストは松原での屋外展示となります。したがって、作品の管理には万全を尽くしますが、落ち葉がすれるなど小さな汚れがつく可能性があります。また、万一の災害等により作品を損傷した場合、その弁償は致しません。
●作品輸送時の事故による損害について主催者は責任を負いません。
●著作権、肖像権などを侵害する恐れのあるものや、風紀を乱す恐れのあるものは、受付できません。

4.作品の返却

応募されたキルト作品は全て返却いたします。しかし、その場合の返送費は応募者の負担とし「着払い」にて発送させていただきます。なお、メッセージの原稿は返却いたしません。
作品の直接搬出は会場にて最終日の会期終了後及び、翌日以降は砂浜美術館事務局(8:30-17:00)にて受付けます。

※ ボランティア募集について

ボランティア募集について

潮風のキルト展の開催にご協力いただけるボランティアスタッフを募集しています。募集要項をダウンロードいただき、郵送にてご応募ください。ご不明な点は事務局までお問合せください。

活動期間:2022年11月18日(金)~20日(日)
応募資格:砂浜美術館の活動に興味がある方。原則として高校生以上、性別問わず。
活動内容:展示準備,開催中の受付・案内,物品販売など
応募〆切:2022年10月21日(金)

お問合せ先
NPO砂浜美術館事務局
〒789-1911高知県幡多郡黒潮町浮鞭3573-5
TEL:0880-43-4915 / MAIL:nitari@sunabi.com

ニタリクジラ館長やイルカたちに逢いに行こう!

ニタリクジラ館長やイルカたちに逢いに行こう!
ニタリクジラ館長やイルカたちに逢いに行こう!

ニタリクジラ館長やイルカたちに逢いに行こう!

今年もニタリクジラ館長に逢いに行くツアーが、4月23日(土)から「大方ホエールウォッチング」で始まります!12mを超える迫力あるニタリクジラ館長をはじめ、たくさんの群れで暮らすかわいいイルカたちに逢うことができます。 半日を海上で過ごす非日常体験と、一期一会の出会いをお楽しみください。

大方ホエールウォッチングのホームページでは、過去に出会った生き物たちの姿を見ることのできるギャラリーページや、新たにYoutubeもはじめましたのでぜひそちらもご覧ください。よろしければチャンネル登録もお願いします!

大迫綾美

ホエールウォッチング担当:大迫 綾美

【プロフィール】
広島県出身。専門学校卒業後、NPO砂浜美術館に参加。大方ホーエルウォッチングでは、受け付け、ウォッチングガイド、出前授業、イベント企画、会計に至るまで、何でもこなすオールラウンドプレイヤー。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
大方ホエールウォッチング(おおがたほえーるうぉっちんぐ)
黒潮町にある大方遊漁船主会が運営している。
ご予約についての詳しい情報はこちらからどうぞ。